人生に作用し悪影響を及ぼすゴミの正体 その1

もう何年も前のこと…

昼の時代の生き方を実践しシフトする為に
一度、夜の時代のものを全て手放し

冬眠していた時期がありました。
その時の友人との会話。

「ねえ…何で冬眠してるの?」

「余計なゴミが付かないためよ…」

「えっ!ゴミって何!?」

久しぶりに電話で話した知人と、こんなやり取りをしました。

私が常日頃、何を話しているのか聞いたことがない、
夜の時代のルールをしっかり生きてる
ノーマルな(笑)知人に、

電話で全てを伝えるのは難しいと思い
「いつかセミナーでも聞きに来てね」と伝え、
話題を変えました。

その時ふと、私が言う “ゴミの意味”って、
ちゃんと皆、分かってるんだろうか?
という思いがよぎりました。

受講生は少なくとも意味を分かってくれている
とは思うのですが…

共通認識がないと、
内容も意味不明になってしまうので、
再度、説明しておくことにします。

私達の肉体や環境、空間は、
目に見えるもの、見えないものの複合体で成り立っています。

人間に多大に影響を及ぼしているのは、
実は、見えるものより、見えないものの方が大きいのです。

例ば、見えなくても存在する
宇宙光線、電波、電磁波、磁場エネルギー、
節気、素粒子、ウィルス、微生物、

様々な物や、生き物から発生する周波数やエネルギー。
更に言えば、生きている人のものであろうが、

死んでいる人のものであろうが、空間に漂い存在している
人の想念、感情、邪念、気、言霊。

他にも、先祖からの因念因果の信号、感情
霊・幽体からの廃棄物、空間の過去の残存エネルギー、

機能しない夜の時代の情報・プロパカンダ・常識・観念・固定概念
古き時代の常識・価値観・学習、自分の思い癖、

こういった類のもので、
人の人生に作用し悪影響を及ぼすものを総称して“ゴミ”
と表現しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です