変わり種プロフィール1

一般社団法人
Master of Life協会代表理事
未来塾主宰の 天河りえです。

2014年6月に
一般社団法人Master of Life協会
(人生の達人協会)を立ち上げて、
その中のコンテンツのひとつとなる

「新たな時代の運命解析学」という
今までになかった人生の羅針盤となるツールを
作り上げました。

それは、古代から継承された高度な運命学
789兆通りのデーターと

認知心理学、脳科学、量子力学、他
最新の現代科学に基づく

人の運命がレベルアップする為に必要な
情報を入れ込んだ学問となるものです。

その膨大な資料創りは、400ページにも及び
体系化するのに大変な手間と時間を
費やしていました。

ただし、そのおかげで
今までになかったひとりひとりの人生を
サポートするツールや新たなメソッドが
出来上がりました。

それを土台に
人の人生における4大テーマ

自分の将来の方向性に悩む人
親子、夫婦、恋愛やパートナー、
上司部下といった人間関係で悩む人

肉体、健康のことで悩む人
経済、仕事で悩む人

こういった今に悩みや問題を抱えている人に
少しでも問題解決の知恵や情報としてお伝えし

あなたらしく、なりたい自分で
成幸して頂く為に、
役立てていって頂きたいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2015年以降だからこそ機能し始める幸せになる方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は時代がこれから、どのような傾向へと
変化していくのか

今までとは、何が大きく違っていくのか?ということを
長らく研究してきました。

これからの社会や時代や環境が
どのように変わっていくのかを知ることは
極めて重要です。

これからは、人々が幸せになる方法が違うということは
ずっと、お伝えしてきました。

その違いを明確に知り
加速的に変化していく時代と環境、社会の動きを知り

その中で、具体的に、しかも、短期間で
幸せになる為の方法やコツをあなたが知れば

確実に成幸を引き寄せることができます。

それは、2015年の今だからこそ
機能し始める新たな時代の
幸せになる為のやりかたなのです。

その前に、私のことを、良く知らない方も
多いと思いますので

今、ここで、このようなメッセージを出すに
至っている、かなり、変わり種の人生を歩んでいる
天河りえという人間を知って欲しいと思います。

あまりにも
突飛な人生で

一般の女性からすると
その何百倍も濃く生きているようですが

その延長線上での今があり
そして、私の魂の目的
望む意図がこの人生を経験してきたからこそ

明確に観え、いよいよ、これから多くの人に
役立つ本領発揮する時が来たという
自負があります。

故に、私はあなたに堂々と
これからの時代のこと

あなたの人生が幸せに向かう為の
より良い変化を生み出すことができることを
提供できると思っています。

少し長文にはなりますが

お茶でも飲みながら
小説でも読むような感覚で
読んでみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
天河りえ 超変わり種 人生プロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     
長野県松本市生まれ
未熟児の新生児メレナの状況で仮死状態で生まれ
奇跡的に生還…したらしい。

祖父が人のからだを触り
痛みを取ってしまうという人だった

【10才】 

なぜか、その力が子供の父ではなく嫁いだ母に宿る
母はある日から、突然変異で

ひとの痛みを感じて治してしまう
ゴッドハンドのヒーラーとなる。その能力を見て育つ

幼い頃から周りの人の気持ちを
読み取ってしまう敏感な子供だった。

【18才】

将来の夢は千葉真一のJACに入ることだった。
志穂美悦子のようなアクション女優になること
真田広之にひたすら会いたかった。

しかし、父母が
「おまえだけは、世間的な治療師の資格を取ってきて
堂々と後をついで」との懇願で、

アクション女優は諦めて、
神奈川県小田原市の治療師の
国家資格を取得できる専門学校へ入学。
   

当時、その学校は、年齢制限がなく
上は58才のおばあちゃんから下は18才の若者まで

あらゆる年齢や国籍の人がいて、年齢の垣根を越えて、
みな、同級生という環境で学んだ。

【19才】 

学生時代、先輩に誘われて、
将来治療家になるのなら、アルバイトは

温泉マッサージで人に慣れておけとのことで
治療家になるという感覚はなかったが

箱根の一流ホテルのマッサージの
アルバイトをすることになる。
   

母のヒーリングセンスを受け継いだのか
けっこう人気者となり、
有名人やヤクザの親分の指名が多かった。

親分をマッサージしている最中、
ヤクザの闘争に巻き込まれ
死ぬかと思った経験がある…^^

ヤクザの親分にプロポーズされるが、
断ったら拉致されるかも…とビビりながら、
丁重におっかなびっくり断る。

あの時、ヤクザと結婚していたら「仁義なき戦い」の
姉御になっていたかもしれない…と今でも思う。

【20才】

専門学校卒業間際まで、
全く将来何になるか分からず、プラプラしてい時に
プロ野球のスポートドクターに偶然に会い

いきなり取り立てられ、
スポーツトレーナーの意味も分からないまま
東京で初の整形外科とフィットネスが
一体となった施設へ就職。

翌月から、何も分からないまま、
実業団野球チームへ放り込まれる。

女性のスポーツトレーナーの走りとなる。
ただ、ひたすら、
ごついスポーツ選手の筋肉をほぐし治療をした。

【21才】

なぜか、行くチーム、行くチーム好成績となるので、
ドクターの関連企業にヘッドハンティングされ、
スポーツトレーナー主軸の会社へ転職する。

そこでたくさんの高校野球チーム携わることになる。

ある日、ケガをした高校球児が泣きながら、私の前に来て

「りえさん、僕のケガ何とか治してください!
ようやくレギュラーになれたのに、
ケガをしたせいでレギュラーから外されました。

悔しくて涙がでます。
レギュラーでいたいんです!何とかこのケガ直して下さい!」という

必死に訴える目に心打たれ、生まれてはじめて
人に必要とされていると実感。

絶対、その思いに答えたい、何とかしてあげたいと!
真剣に思えた。

自分以外の誰かの為に、
必死で何かをしてあげたいというスイッチが
この時、生まれてはじめて入った。

同時に、人に求められ必要とされていることで、
自分自身の存在価値に気づき、

人を癒そうとする行為で、
自分自身が癒されているのだと気づく。

そこが原点となり目の前の人々のケガを癒し、
心を癒し、痛みを癒し、
良き結果をもたらせるための探求が

21才から始まる。

ある時、〇〇〇書店に行けという声が聞こえる
導かれるようにたどりついた棚に、

「この治療で人類を救う」という本を見て
これを買う為だったと腑に落ちる。

その本の著者、日本で初めてホリスティック医学の父
「眠れる預言者」「奇跡の人」とも言われた

エドガーケイシーを紹介した先生にご縁し
ケイシー療法を学び始める。

人の体にふれなくとも悪い所が分かり、
エネルギーが観えるようになり、
自然にヒーリングができるようになる。

ある日、選手を治療していた時
「AREに行け!」というメッセージが突然聞こえる。

意味が分からず、家に帰り、何気なく
数か月前に来ていたケイシー療法の
雑誌をパラッと開くと

「日本初、AREツアー募集」という文字が目に入る。

「AREに行けっていうのは、このARE!?」

それは、アメリカのバージニア州ににある
エドガーケイシー財団の略だった。

「ここに行けっていうこと?」と思ったが、
すでに〆切が過ぎていて
ツアー代金の36万もお金もなかったので、

「あ~ダメね」…とあきらめかけたが

どうにもこうにも、胸が騒ぐので、
ダメもとで連絡先に問い合わせると、

「たった今、あなたの電話の前に
キャンセルが出ました。

他にキャンセル待ちがいますが
タイミングが良いので
あなたを最後のAREツアーに入れますよ」と言われる。

「よろしくお願いします!」といって電話を切ったが
36万円ものお金がない。

「どうしようと…」思っていると
間髪入れずに箱根でアルバイトしていた時の
オーナーから電話がかかり

「りえさん、今、どうしてるの?」と聞かれる

その問いに反応しるように
ツアーのことを勝手に口から話している自分がいた…

「じゃあ36万貸して上げます。」と
一言返事で36万が振り込まれる。

結果、日本初のAREツアーに
最年少で行くことになる。

アメリカのバージニアのケイシー財団で2週間、
心と身体の癒しのスキル、潜在意識、

ライフシール、オステオパシー、
カイロ、エネルギーワーク、カラーセラピー、
ドリームレッスン、ライフシール、

癒しと愛と祈りと瞑想など、身体と心、
スピリチュアルからボディに至るまでの
基礎知識を学ぶ。

そこで出逢った年配の、女性サイキックの
「祈りと愛と癒し」という授業を受け始めると同時に

悲しいでもなく嬉しいでもなく、どういう訳か
ただ、「涙が出る」という魂の反応というものを
はじめて経験する。

一緒に行った、当時有名だったサイキックが、
そんな私を見て

「あなたの魂はこの地に呼ばれた。
これからあなたが歩んで行く人生の基礎となることが
ここにあったからです。

だから涙がとまらなかったのでしょう。」と言われた。

しかし当時は意味が分からなかった。

【22才】 

持っていたチームが甲子園出場など好成績を収め
ソフトボールのオールジャパン専属の
スポーツトレーナーに推薦される。

普通の西洋東洋の知識だけでなく、
変わったことを施術に取り入れる
トレーナーで有名に。

【23才】

9月26日27日に2日続けて変わった夢を見る。
ドリームレッスン、
夢の読み解き方をAREで学んでいた為
夢を見ながら分析をしていると

「船の中の治療師!」

という声が夢の中から聞こえ
目覚めて、その日現場ではなく、会社に行くと、

船医をやっていたという
ドクターが会社に来ていた。

船から眺める景色が美しいという話を聞いていると、

船の夢のことが思い出され
実は夢で船の中の治療師と言われ、

「私も船に乗りたい!と伝えると、
   

翌日、船医が日本の船会社のリストを
FAXしてくれた。

数十社かかれてあり、
どこに電話して良いか分からなかったので、
鉛筆を転がして止ったろところに電話をした。

そこは、日本では一番大手の日本郵政だった。

「日本の治療師の国家資格を持っているのだけれど
船に乗れますか?」と聞くと

「乗れますよ。でも、契約会社があるので
そこに電話してください」と言われ

個人ではムリか…と思って諦めかけたが、
やはり胸が騒ぐので勇気を出して

言われた契約会社に電話をすると
いきなり社長が電話に出た。

「国家資格を持っていて船に乗りたいのだけれど」と
私がいうと

「ちょうど、今、飛鳥の前の施術者が辞めたので
募集しようと思っていたところだったのよ!

あなたタイミング良いわ!」とのことで

あれよあれよという間に、
豪華客船に乗れることになってしまった。

ところが、船に乗るには、
スポーツトレーナーではあっても、
まだ会社員だった為、会社を辞めないと船には乗れない…

辞めるとなるとチームを観ることはできない…。
どうしようと1か月ほど悩んでいると…

飛鳥のオーナーが、しびれを切らし

「りえさん、小笠原諸島の
クジラウォッチングクルーズで
豪華客船飛鳥にデビューしない?」と連絡してきてた。

その言葉に山国育ちの私は響きまくり…   

【24才 春】 

クジラなるものをこの目で見たい!
という子供のような動機で
飛鳥に乗る為に会社を辞めた…

初めて飛鳥の船内に入った時に、驚愕したのは
なんと、夢で見た光景が船内だった…。

デジャヴを初めて経験した。
そして、気がつけば24才で個人事業主。

ただ、クジラがみたい一心から会社を辞めた
奇人変人である。

幸いなことに、見ていたチームも
会社が全部、私に手渡してくれて

なんと、5チームのチームを全国で抱え、
空いた時間に飛鳥に乗り

日本近郊やオセアニアクルーズ、ワールドクルーズで
数週間~半月海に出るという生活を
約3年27才まで続けることになる。

行った海外21か国。
英語はほとんど話せない。

変わり種プロフィール2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です