考えるより感覚を磨けば自分の道が観える!

今、現代人は、どうしても考えすぎて
グルグル悩む傾向にあるようです。
 
今から約20年前に流行った映画
マトリクスのモーフィアスが
言った…
 
「考えるな、感じろ!」という言葉が
一段と輝き、価値を増しているように思います。
 
言葉の背景は
マトリクスでの戦い方(生き方)を
主人公ネオに伝授する
トレーニングの時の言葉なのですが、
 
はじめは、ネオが頭で考えて
技を身につけようとすると
そのまま、攻撃を食らう訳です。
 
考えずに、感じられるようになると
上達していきます。
 
私達も、宇宙そのもののプログラムが
大きくシフトしている大転換期を
 
過去のデータでいくら考えても
自分自身のより良い未来を
はじき出していくことは
かなり難しい時代なのです。
 
過去のデータを正確にはじき出すのは
AIのお仕事に移行していきます。
 
今後、私たちは、考えるよりも
宇宙や自然、地球を感じる感性を培い
 
そこから、新たな時代の
未来社会や自分らしい生き方を
ダウンロードしていく…
 
要するに、宇宙の叡智を
感じて降ろし、体現していく…
そんな方向性に向かっていくのが
これからの人間の役割といえそうです。
 
そんな、新たな価値観や認識の
時代に移行していくのですから
 
考えてばかりいると、身体も動かなくなり
思考もグルグル巻きになるだけで
 
一歩も前に進めなくなってしまうことは
自明の理なのです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 多くの人の考えのパターンとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ただし、考えることが
全く、いけないといっているのではなく
順番を間違えるから
機能しなくなるのです。
 
多くの人の考えとは…
自分がどうしたいかよりも
世の中や人に合わせて自分の立ち位置や
生き方を考えています。
 
他にも、損得とか良い悪いとか
優劣とか善悪とかいった
観念的な思考です。
 
つまり、いつも
人にどう思われているのか…
そこに考えることの重きが
置かれているのです。
 
それが日頃の反応で
思考が廻っているとしたら
 
自分の心の底で叫んでいる魂の声など、
ほぼ、分からないでしょう。
 
自分らしく生きたい!
 
そう願うのなら、まずは
余計な思考を外し、心の底では
本当は、自分は何を感じ、
どう思っているのか?
 
そこを、感じ、そこにフォーカスし
そこから未来のヴィジョンを降ろし、
具体的な行動を起こす…
 
そのヴィジョンを
現実的なものにする時、
 
はじめて頭を使って、
物理的なゴールまでの時間や
行き方、道具、人、必要な経費を
考えれば良いと思うのです。
 
行きつくヴィジョンが先で
考えは後。
 
その前に、行ける、行けない
やれるやれないを、
 
たかだか、
何十年の過去の記録のデータで
先に考えたらショートします。
 
今、それで、頭がショートとしている人が
多いのです。
 
時代の流れに適合し
今をより良く生きる感性を
培うには、まずは、余計な
思考を外す、体感をすることです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 新たな昼の時代は
縄文時代の特徴に近づいていく…
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
これから、時代は、宇宙人生理論でいう
「新たな昼の時代」へと
向かっていくのですが
 
「ひとつ前の昼の時代」という
時代もあったのです
それが、日本でいう縄文時代です。
 
縄文の人々は、地球の意識
大自然の意識を感じ、自然から
生かされていることに感謝し
 
生きることに、楽しさを感じ、
自由に表現し生きていたと言います。
 
所有の概念はなく
等価交換の概念もない
 
常に、何を他に与えられるのか…
それだけを考えて、それを
ブラッシュアップして生きていたと。
 
これまでの夜の時代の概念とは
真逆でした。
 
これまでの夜の時代の価値観は
循環ではなく、いかに人より
所有するか、その為にいかに
収奪するかを考えた…
 
もっとも、効率良いのが
金融の仕組みを作り
誰もが、入らされた経済宗教の
仕組みでした。
 
その中で、人々は
奪い、奪われるの競争社会の中で
頭を使わざるを得なかったのです。
 
縄文人の人々のように
自然の恵みを感覚で豊かに享受して
自分らしく生きる…という発想より
 
人に負けないように
落ちこぼれにならないように
人や社会に合わせて、かつ、
人よりも優位に生きる。
 
ひたすら思考を使わないと
より良く生きられなかった
時代だったともいえます。
 
これから時代の向かう方向性は
物質文明の上に成り立つ
昼の時代です。
 
昼の時代は、自分の魂の方向性ありきの
精心文明です。それは、人に合わせて
比較して考えることよりも、
 
自分の内なる魂を感じて
地球を感じて、宇宙自然を感じて
 
個々の価値を発揮して
循環していく時代です。
 
ひとつ前の昼の時代の、
縄文文化が花開いた場所って
どんなところなのか?
 
自分自身を感じるとは
どういう体感なのか…
自分の価値とは何なのか…
それを、阻むものは何なのか
 
是非、そんな感覚を、
体感しに来てほしいと思います。
 
【今回のワークショップの内容は…】
 
【井戸尻考古館】
 
縄文のエネルギーに満ちた場所で
エネルギーと感動チャージ
 
【シークレットダンス】
 
普段使っている五感を遮断して、
徹底的に内なる身体を感じ
解放していきます。
 
【神秘に満ちた苔と原生林の
白駒池でのリボーンワーク】
 
日常や雑踏を離れ、
神秘的な原生林の中に身を投じ
人生の軌跡を感じて、自然界からの
メッセージを感じ未来を描いてみよう。
ミラクルコードも多く受け取れるはず。
 
【クリスタルボール】
 
クリスタルの放つ幾重にも重なる音色で
心身の周波数をアップ。
パワフルで不思議な音色。
耳ではなく身体で聞き
深いリラックス効果が得られます。
 
【ハンドサーチワーク】
 
手のセンサーを鍛え、空間上に広がる
見えない身体と繋がってみましょう。
 
【ボイスダイアローグ・エンプティチェア】
 
心の中にある葛藤する自分を統合していくワーク
先祖の信号、他人の言葉、親の言葉、本当の魂の声
聞き分ける感性を身に付けてください。
 
【自由時間でのワーク】
 
内なる声に導かれるままに、縄文エネルギー大地で
今、あなたに必要な場所に行くついてまましょう。
 
【好例の原村の高原朝市】
地元の農家が集い、素材の味にこだわったお店が立ち並ぶ
(ケーキ、生ハム、ジャム、燻製たまご他)
良いお土産になります。
 
【温泉】
お風呂は2泊とも近くにあるもみの湯温泉です。

【八ケ岳 縄文エネルギーの里で
本当の自分を感じ、未来を描こう!
ワークショップ参加者募集】
 
【日時】2018年9月
7日(金)8日(土)9日(日)
2泊3日
 
ワークショップの料金は2泊3日
ペンション宿泊、食事代、移動代
井戸尻考古館代、温泉代
ワークショップ代、諸々含めて
 
75000円です(税込み)
 
八ケ岳に来るまでの交通費は
ご負担くださいね。
 
これからのAI時代到来に備え
自分の未来を想像し創造できる
感性を、縄文文化の栄えた
エネルギーのある大地の元で
是非、磨きにきてください。
 
【詳細はこちら】
https://ne-masteroflife.com/info_blog/20180907/
 
8月15日までにお申し込みの方は
天河りえの一番新しい未来塾動画を
無料でプレゼントします。
 
募集定員は15名と今年は
少なめなので、お早めに
お申し込みください。
 
【お申込みフォーム】
https://maroon-ex.jp/fx40192/bOXzAj

では、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です