何の為に生きるのか?

「何のために生きるのか、分からない」という
人の声を時々、聞きます。
 
 
確かに、この問いの答えは、
普通の学校教育を受けただけでは、
なかなか、得られないものです。
 
 
しかし、こういう自問をしている人が
最近、増えているということは
 
 
時代のシフトのことを
お伝えしている私からすると
 
 
ひとつの善き兆しでもあるとも
思えるのです。
 
 
ただし、この自問の文脈のままでは
よろしくないのですが…
 
 
それは、最後に…。
  
━━━━━━━━━━━━━━━
■ 一方向性社会からの離脱
━━━━━━━━━━━━━━━
 
こういった自問が浮かぶことは
要するに、奴隷を量産していた
 
 
これまでの時代の社会の構造
「一方向性社会」から
 
 
魂が目覚めようとしている
初歩の段階と、いえなくもないのです。
魂の疼きなのです。
 
 
これまでの時代のことを
少し考えると分かりますが…
 
 
今から20年以上前のバブルの時や、
その前の高度経済成長の時であれば
国民の多くは、そんな自問よりも
 
 
人より良い大学に入り、良い会社に入り、
結婚して家族を作り、できるだけ上を目指し、
お給料をたくさんもらい豊かに暮らすこと
 
 
そこに多くの人々の目指す生き方があり
特に「生きる意味」など深く考えずとも
 
 
周りや親や先輩に合わせ、時に
言いくるめられ、
 
 
みんなと同じ暗黙の社会のルールの中で
同じ価値観のしあわせな方向性を見て
その中で切磋琢磨し、
 
 
ナンバーワンを目指すこと…
 
 
人と違う選択をしている人や
オンリーワンなどと言っている人は
 
 
ちょっと変な人のレッテルが
張られたりしました。
 
 
ところが、夜の時代から
昼の時代へとシフトしている
現在は、どうでしょう?
 
 
良い大学や会社に入ったからといって
先が保証されている訳でもなく
結婚=しあわせ
という方程式も薄らいでいます。
 
 
家族ができても、
みんなが各々違う方向性を見て

一家団欒の時間は瞬間あるかないかで
親も子もスマホやネットをいじる
 
 
各々の時間で生きる…
そんなスタイルが増えています。
 
 
おじいちゃんから孫まで
同じ方向性のしあわせを見ていた
一方向性社会のルールは機能しなくなり
 
 
今や、親や学校の先生達も、
価値観が混在し混沌としている
社会の中で
 
 
何を確かなものとして
背中で見せたら良いのかも
分からなくなっていると言います。
 
 
流れてくるニュースから社会情勢を見れば、
未来が明るいとも思えない昨今。
 
 
こういった現代の環境の中で
真面目で純粋であればあるほど
 
 
「何の為に今、生きているのか分からない…」
「自分は何ものなのだ…」
「今後、どう生きたら良いのだ」という
 
 
苦しみにも似た、問いかけを持つ人が多い
というのは、致し方のないことなのかもしれません。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今、人類は新たな時代への
環境適合が促されている
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
時代が変わるということは
より良く生きる生き方の
ルールが変わるということ。
 
 
ルールが変わると言うことは
その環境に環境適合することを
人類は促されている訳です。
 
 
これからの時代は、間違いなく
今までのように
みんな同じでみんな良い
みんな同じ道を行けば
しあわせになれたという
 
 
一方向性社会というルールから
 
 
多様性極まりない
各々が「生まれた目的で生きる」
「全方向性社会」へと移り変わっていきます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 全方向性社会とは
どういったルールの時代なのか…
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
敷かれた社会のレールだけを信じて従い生きる
いわば奴隷社会とは違い
 
 
人々が気づかないように、支配されていた
これまでの時代の仕組みに気づき、目覚め
 
 
固まった固定概念や観念から解放され
人々の意識や精神性の進化が
加速していく時代です。
 
 
ライスワークの為だけに
雇われて生きるだけではなく
 
 
自分の生まれた役割や目的とは何か?
どんな価値を人や社会に提供できるのか?
 
 
そのことに比重をきちんとおいて
考えて生きる人が増えてくるでしょう。
 
 
もっと、言えば、人生とは何か?
繰り返される歴史とは何か?
私たちの魂はなぜ、この地球に生まれたのか?
 
 
こういった生きることへの
本質を突いた抽象度の高い概念の問いに
自分なりの答えを見出す人も増える時代です。
 
 
こういった問いは
今までの夜の時代であれば
宗教やスピ系、哲学、月間ムーなどの
オカルト系分野の専売特許のようなものでしたが、
 
 
これからの昼の時代は、
クオリィティオブライフを高めるために
 
 
各々が普通に答えを見出し、自分らしく
自由に生きていけるようになります。
 
 
その為の創造性と知性、行動を身に付ける
時代だといえそうです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 最も、大事なことは
まずは、自問を変えてみること
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
現状、「何の為に生きているのか分からない」と
感じているだけの人が、一足飛びに
その位置に行ける訳ではありませんが
 
 
以下のように自問を変えてみると
良いですね。
 
 
「何の為に生きているのか、
自分は何ものなのか、今は分からない、
でも、私は分かるようになりたい…」と。
 
 
未来の希望の要素を、自問自答に
きちんと付け足しておくのです。
 
 
すると「求めやさらば、与えられん」の
法則通り、
 
 
きちんと答えを見出しうる学びと知性と感性を
身につけていく、縁に遭遇していくものです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 宇宙人生理論とNE運命解析学
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
シフトした新たな宇宙法則に基づいた
人々がしあわせになる為の宇宙人生理論。
 
 
この理論は、宇宙のプログラムが
シフトしたことによる、新たな時代に
人々がしあわせになる為の生き方や、
 
 
これからの時代の傾向や特長が
膨大ではありますが、体系的に
知ることができます。
 
 
更に、宇宙人生理論をベースに
生み出されたNE運命解析学には
 
 
ひとりひとりの家系の因果と過去世の
因果律からの運命のシナリオが描かれた
運命プログラムを読み解くことができます。
 
 
一体、過去世から持ち越している
罪状(課題)は何で、培った才能は何か?
どのような人生傾向になっているのか?
 
 
そして、家系の因縁や過去世と同じ人生を
再現せずに、新たな時代に創造性を発揮して
運命をレベルアップさせていく
 
 
その事を探求していくのが目的です。
 
 
「何の為に生きるのか?」
 
 
その問いの答えを見出すヒントが
内包されている新たな時代の
学問といえるのです。
 
 
今、「生きる意味を探し求めている人々」
に情報が届くようにと願っています。
 
 
【第3期NE運命解析士募集 詳細はこちらから】

第3期NE運命解析士募集開始


 
では、また。
 
 

【天河りえ 未来塾】
http://ne-masteroflife.com/category/mirai-jyuku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です