東京オリンピック招致に賄賂発覚

東京オリンピック招致に賄賂発覚…
こんな一見、在り得ない驚きのニュースが発覚しました。

みなさん、どう思われましたか?
私は、「いよいよバレたか…」という感じです。

もともと、オリンピックは
夜の時代の支配者達の聖典であり、
戦争の代償イベントでした。

支配組1%+4%の人々に膨大な
利益が回る仕組みのもので

これまでの開催国もお金で
コントロールされていたにすぎません。

賄賂がばれたことで

「夜の時代のウソだましの社会構造の仕組みが
白日の下に、いよいよさらされてきた…」という思いで
見ていました。

広告業界最大の電通が絡んでいるとのことですが…
この辺りの詳細はリアルな情報がないので分かりません。

仮にそうであっても、なくても
電通は、メディアや情報をコントロールする
闇の支配者達の番頭みたいな所。

ここが許可をだす広告如何で人々を
いかようにでも支配してきた訳です。

ちなみにみなさんは
支配の構造って分かってますか?

あまりにも当たり前過ぎて
誰も支配されているなんて微塵も思わない…
これが、最大級で最高の支配の力です。

街をあるけば、看板広告とポスターだらけ
電車に乗ってもテレビを見ても必ず
CM広告が入ります。

テレビ局はその広告料で出来ています。
テレビ業界も政財界もマスコミ、
メディア全体にも力を持ち

広告コマーシャル如何で、世論をいくらでも
誘導する力がある。

その広告の根底にある多くはプロパガンダ、
好酔の因だと気づいて見極めることができる人は
一体、どのくらいいたことでしょう。

故に常にナビゲーター講座でも
未来塾でもよく、言うのは、

「RASを働かせてね…」ということ。

人生における目的ゴールを持ち
RASを働かせておかないと

無自覚、無意識のうちに私達はこの環境の中で
自分に関係のない広告に振り回されていくのです。

そして、今はみんな、
すっかり「頭でっかち」を通りこして
「情報メタボ」「情報デブ」になっています。

情報が多過ぎる環境にいるが故に
何が大事なのか判断がつかず、
人生においての覚悟ができない人が多いのです。

世の情報に支配されずに
情報世界を上手く乗り切るには
常にお伝えするように、
そういった背景を理解した上で

「外ではないよ!
自分の内なる魂にアクセスする感性と思考を培うこと…」

これ以外ないのです。

内なる自分とアクセスするのを
邪魔するのも、因縁因果のゴミ感情や
大多数の人から放っている邪気諸々のゴミです。

それを風邪菌のように移しあっているのが
現代人の現状です。

さて…

「隠れていたものが白日の下に晒される
時代に入った」ということは

もうひとつ大事な流れを自覚しないといけません。

以前から、夜の時代は
ウソだましが上手ければ一生バレずに済んだこともあり
正直者はバカを見た…そんな社会環境でした。

しかし、これからは、どんなに巧妙に
心の根底にあるものを誤魔化そうとしても
すぐ、バレるようになってきます。

それが光の時代です。

故に「身口意」が大事だといいます。

昔と違って、覚醒が進むと、人々はある意味
感性が研ぎ澄まされるので

相手の根底(無自覚領域)にあるものを
瞬時に掴むセンサーが働きやすくなるのです。

「人は無意識の根底にあるものが
行動の優先順位になるのです。」

何かをヤルと言ってできないのは
「根底にあるものが言葉とは違う」のです。

要するに昼の時代は
言っていることと、やっていることが
バラバラだと

相手には何か違和感としてしか
感じられなくなります。

どこかに常に違和感のある人は、
相手にされなくなっていきます。

気の毒なことに、相手は感じても
身口意がバラバラになっているその本人には
自覚がないのです。

「自分の根底にある人生を阻むもの、
罪状に気づけない」のです。

これは気の毒としかいいようがありません。

前世や家系の因縁因果が
強い人に多いようです。

「身口意が一致し、カッコつける必要もなく
ひと目を気にすることもなく、自然体で素直で純粋」

NE運命解析学の
ライトマスター
ライトチルドレンに近い在り方です。

それがこれからの時代の応援される
在り方のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です