奇跡のドクターとNE運命解析学

先日、素晴らしいドクターに
出会いました!

 
こんなドクターが世の中にいたのか!?
というくらいの衝撃にも近い思いを
私が抱いた、奇跡のドクターです。

 
お名前は高橋嗣明先生。
長野県にある
たかはしクリニックの院長先生です。

 
何が奇跡のドクターかと思う所以は
徹底的に患者さんに寄り添う
姿勢が半端ないのです!

 
普通、ドクターは
ご自分のクリニックや診療所に
患者さんに来ていただき診察し、
処方箋を出し、終わりです。

 
それが、このたかはし先生は
ご自分のクリニックで
なかなか良くならない

 
原因不明の病状の患者さんに
徹底的に寄り添うのです。

 
あらゆる高いスキルや術を持つ
全国のドクターやドクター以外の
身体の専門のヒーラーや鍼灸師に
治癒の可能性を求めて

 
ご自分の車や新幹線で
難病の患者さんを乗せ
全国を歩かれているのです。

 
それも、ご自分で負担して。

 
高橋先生曰く
「人を助けるのは医者でなく、
人間が何者であるかの情報と知識を
持っている人」だと。

 
その探求と認識を持っているであろう
方々に、患者さんをお連れして、
そこで得られる、新たな情報や
叡智の中から、ご自分の考えに照合し、

 
最良な治療を患者さんに提供し
日々向かい合っておられるのです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ゴッドハンドの母の元にまで…
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ナントその、たかはし先生が先日、
私の母の所に、車で2時間もかけて
振戦による歩行障害の患者さんを
連れていらしたのです。

 
私の母は、かれこれ40年以上も
松本でゴッドハンドのおばちゃんとして
知る人ぞ、知るの人です。

 
(もうすでに80歳近いので
おばあちゃんですが)
 
今でいう突然変異のヒーラーです。

 
何ひとつ医療の勉強など
したことがないのに

 
ある時、人の身体をさわって
直せるようになったのです。

 
もともと、私の実家は父方が
ヒーラー家系のようで、
父は全くその要素は
受け継がなかったのですが

 
そこに嫁いだ母が、不思議なことに
突然、能力が開花した…
という感じです。

 
実は、母に紹介する時に
はじめて私も、たかはし先生に
お会いすることになったのです。

 
その経緯は…
転んでも、只では起きない
災い転じて福となす…という
私の質にあったのかもしれません。

 
その経緯については
いずれ、また、どこかで…

 
待ち合せは松本駅。

 
松本駅に濃紺のアルフォードに
乗られ、先生と患者さん親子が
到着しました。

 
助手席の扉を開けて、初めて
お会いする先生は、
ラフなシャツとジーンズ姿。

 
とても、人当たりの良い雰囲気です。
後部座席に10代の女性の患者さん
Sちゃんと、そのお母さん。

 
先生とお話をすると、
Sちゃんを何とかしようと
あらゆるところに
連れて行かれているとのこと。

 
今回も、母で治らなかったとしても
未だ、気づけていない原因や
ヒーラーであるお母さんの視点からの
情報を得たいとのこと。

 
そして、NE運命解析学からも
何らかの情報を知りたいとのことで
Sちゃんのお母さんに、母子手帳まで
持ってきてもらっていました。

 
DNAのプログラムから落とし込まれている
NE運命解析学の運命プログラムからは

 
その方の人生全般の傾向を観ることで
もともとその病気が
プログラムされた病態なのか?

 
そうではなく、時期的なものなのか?
何かの軌道修正を促されている為に
起こっているものなのか?

 
起こっている病態の意図は何か?
といったことが読み取れるので
是非、観てくださいとのことでした。

 
本当にドクターとして、変なこだわりや
観念をお持ちではなく、あらゆる情報から
少しでも、患者さんを治す、きっかけにしたい
という、その熱意が伝わります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■NE運命解析学から分かったこととは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
母の治療というのは、身体の悪い箇所に
手がいき、その因を取り去るというもので

 
何年前にあったことでも
それが、未だに細胞に残っていて
悪さをしていることを
見事に言い当てます。

 
そこに手が行き、取り去るのですが、
かなり、痛いのです。

 
10代のSちゃんは
「痛い!痛い!」と大騒ぎ。

 
普通の人が触っても痛くはない所が
母の手が触ると、悪い箇所が反応して
痛いようなのです。

 
母曰く、過去の捻挫やむち打ち
突き指が影響していて
相当に体が冷えているとの見立て。

 
その最中、私は、Sちゃんの
NE運命解析学、
ライトマスターチャートで
全体の運命プログラムを出してみました。

 
そこには、本来、Sちゃんは
とても健康運の良い方なのですが、

 
10代の、特に昨年において
人生において、相当な衝撃や痛みを
経験する時と書かれています。

 
振戦による歩行障害が起こったのは
昨年からといいます。

 
ですが、人生全般から観ると
Sちゃんの人生の方向性において
このことが、大きな
ターニングポイントとなり

 
その経験や痛みを、この時期
乗り越えることで、今後の人生において、
大きな糧となる事象であると
書いてあるのです。

 
更に、今年は、
そのままならない時の中でも
良き人々に縁をし、人に応援される
時とあります。

 
まさに、奇跡のドクター
たかはし先生のような方と出会い

 
普通の学生生活では、経験できない
体験と、人の優しさや思いやりにふれ

 
今の医療の在りようやスタイル
自分の人生の方向性を見つめる機会と
なっているのではないかと思うのです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 兄弟との関係に大きな学び
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
そして、この病状の因となっていることは
兄弟との関係性。

 
この関係性が、Sちゃんの人生で
一番、超えないといけない、
生涯の課題として書かれてあったのです。

 
Sちゃんの腕に
リストカットの後があったので、
これは、かなり、辛い過去を過ごしたな
と観て取った私は
ご兄弟の関係性を聞きました。

 
すると「何で分かるの?」と
言わんばかりに

 
今まで、年の離れたご兄弟に相当
いじめられて精神的に
追いやられてきたこと

 
自暴自棄になり精神科で出された薬を
大量に飲んだと、話されたのです。

 
そのことは、たかはし先生にも
話したことは無かったようなので

 
先生も、今後の心理面における
治療において、最も必要だったと
言われていました。

 
運命プログラムを観ると
病気で苦しむということではなく
そういう関係性が因となり

 
何らかの不都合が出やすい時期で、
かつ、そこから学び、気づき、
転換すれば、この方は

 
20代からは、この経験を活かし
人々を助けていくであろうという
プログラムになっていたのです。

 
そして、Sちゃんの本質は、
やりたいことをやり抜いていく
パワフルな人生を生きる
キャストです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人生は、起こる事から学びきれば
災い転じて福となす
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
そこに至るには、
今は、癒しが必要です。

 
幸いにも、たかはし先生のような
全身全霊で患者さんに寄り添うとする
奇跡のドクターと巡り合ったことで

 
薄皮をはがすように
痛みを癒しているのだと思います。

 
そして
たかはし先生がおっしゃられている

 
「人を助けるのは医者でなく、
人間が何者であるかの情報と知識を
持っている人」という思いを受け止め

 
そこから、人間とは何か?
人間の運命とは何か?
人生とは何か?医療とは何か?

 
その問いに対する答えを
体現していく…

 
きっと、そんな
人生を歩まれるのではないか…
そう思えるのでした。

 
本当に人生とは不思議なものです。
災い転じて福となす…
人生万事塞翁が馬…

 
Sちゃん、がんばれ!
私も応援するからね!!

 
【八ケ岳ワークショップ参加者募集】
 
八ケ岳・縄文文化の栄えた大地で
宇宙自然と繋がり自分と繋がる
感覚を体験するワークショップです。
 
ワークショップの料金は2泊3日
ペンション宿泊、食事代、移動代
井戸尻考古館代、温泉代
ワークショップ代、諸々含めて
 
75000円です(税込み)
 
八ケ岳に来るまでの交通費は
ご負担くださいね。
 
これからのAI時代到来に備え
自分の未来を想像し創造できる
感性を、縄文文化の栄えた
エネルギーのある大地の元で
是非、磨きにきてください。
 
【日時】2018年9月
7日(金)8日(土)9日(日)
2泊3日
 
【お申込みフォーム】
https://maroon-ex.jp/fx40192/bOXzAj
 
では、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です